肌荒れが凄い!もしかするとそれは便秘のせいかも?

スキンケアをしているのに、肌荒れが酷い!
薬を塗っても、なかなか肌荒れが治らない!

 

このような状況の場合、もしかすると肌荒れの原因は便秘にある可能性があります。
便秘と言うのは肌荒れも引き起こす厄介な物なんですよ。

 

どうして便秘になると肌荒れになるかと言うと、排便が出来ていないと腸内に不要な便が溜まっている状態です。
体に不要な物の塊ですし、腐敗する事で腸内にガスなどが発生します。
でも排便されませんから外には出れませんので、これらが腸壁を通じて血液中に溶けて全身へめぐるそうです。
排便としてではなくて、汗や皮脂として排出されるわけです。

 

本来ならばお肌は肌自体の新陳代謝をする仕事があります。
でも、便秘による体の有害な物の排出に稼動を割かれるので、新陳代謝など本来の役割ができなくなります。
その結果として、お肌が荒れてしまうんだそうです。

 

肌荒れが酷くて便秘の場合には、まず便秘自体も何とかするというのが大事だと言えます。
もしスキンケアをしているのに肌荒れが酷いと悩んでいるのでしたら、自分自身が便秘かどうかも確かめてください。